【頑張りすぎてしまう】ピアノが弾けないDTMerは弾くための教本+アレンジ本を買ったほうがいいかも【貴方に】

こんな方に

・ピアノ曲を作ろうと思い「少しでも弾けるようになろう!」と教本を買ったが練習する気になれない。

・最初に手にした楽器ほど練習に身が入らず、練習する頻度が減り始めた。

・このままだとピアノ曲を作るというゴールに辿りつけなさそう。

・もう一冊なら教本買ってもいいかなと思っている。

左手一本+メロディー位ならすぐ弾けるようになるんですけどね。その先がなかなか難しいです。家にピアノがない人はペダルを使った演奏が出来ないので完璧に学べないのもネック。

それに私の場合、最初に手にしたギター程練習する気になれずなかなか上達しませんでした。ピアノ弾きたいではなく曲を作りたかっんでしょうね。

ピアノアレンジの教本もそれなりにある

アマゾンでアレンジ本について検索してみました。

Amazon_ピアノ アレンジ

結構ヒットしますね。この中から「ピアノ・アレンジ完全マニュアル」を購入しました。良いなと思ったのは以下の点です。

・「既存の楽曲を分析>コード譜に直す>肉付け」の流れで解説されているため、作曲はもちろん編曲にも役立つ

・ジャンル別にアレンジされているため、引き出しが増える

・弾き語りもあるので歌ものの伴奏も身につく

・全97ページと程よい厚さ、気軽に読める量

インスト曲と歌ものを一度に学べるのは効率が良いと思いました。気軽に手に取れそうな厚さも魅力的。CDも付いてるので打ち込む時のイメージも掴みやすい。

ただ基本的なピアノの弾き方は解説されていないので、入門本も買ったほうがいいかも。

おわりに

最近じゃ弾き語り講座の動画もあったりします。良い世の中です。

スポンサーリンク
ブックマーク
  • http://r-hitoma-blog.com/bgm-info
ブックマーク
  • http://r-hitoma-blog.com/bgm-info

毎度シェア感謝です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策!お手数ですがよろしくです。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.