【頭か】学んで実になるのは心で記憶したことだけ。五感、いや六感で感じよう【心か】

こんな方にオススメ

・良質なインプットとアウトプットをしたい。

・付け焼き刃ではなく、本物の知識、経験を身につけたい

最近、youtubeで島田紳助さんのNSCでの講義を見たんですよ。

その中で「心で記憶していることは一生忘れない」ということを語っていました。47分辺りからです。

僕も音楽を主に「教本」と「既存の楽曲」から学んでいます。

その中で自然とアウトプット出来る、そしていつまでも覚えている事ってその全てではなくほんの一部だったりします。

それは心で「なるほど!」「スゲエ!」「感動した」なんて思った所なんですよね。

今まで何でかなぁと思っていたのですがこの動画見て疑問が晴れました。

「どこで記憶しているか」

これに尽きるんだなと思いました。

学校生活を思い返してみよう

僕、高校を卒業してもう10年目になります。早いものですね。

勉強した公式、歴史の年号なんて殆ど覚えてないです(1192創ろう鎌倉幕府は覚えてました)。

覚えていることといえばあの子が好きだったとかあいつにハブられた、喧嘩したとかそんな事ばかりです。

これは心で感じた(体も)からで、頭だけで記憶している訳では無いのです。

大人になってもそれは変わってなくて、社会人生活で印象に残ってる事といえば心から「良かった」「腹立った」と思ったこと、つまり感情が高ぶったことなんですね。

そしてそういう事って人に話す時にも面白く伝えられるものです。これは質の良いアウトプットと言え、なぜ出来たかというと質の良いインプット(心で記憶した)をしていたからです。

日々のインプットとアウトプットにも活かそう

家で勉強する時、仕事している時、心のアンテナを敏感にしていきたいものです。

心のアンテナで敏感に感じて心で記憶すれば、アウトプット(僕の場合は作曲)の質が良くなり、目標に近づいていけると思いました。

日々の取り組みも「覚えられない箇所が無いように沢山やろう」ではなく「心で記憶できるようアンテナを全開にして取り組もう」と心がけた方が無駄な努力をしなくて済むし実になりそうです。

今日から僕も書いたことを実践していきます。皆さんも一緒にいかがですか。

おわりに

冒頭で紹介した動画、約一時間半あります。

数日経っても忘れず記事にした。それは心で記憶していたからだと思います。

このブログも読んでくれた人の心に残るブログにしたいと思う次第です。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク
ブックマーク
  • http://r-hitoma-blog.com/bgm-info
ブックマーク
  • http://r-hitoma-blog.com/bgm-info

毎度シェア感謝です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策!お手数ですがよろしくです。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.