【何の仕事にも】仕事を依頼された時、相手のストライクゾーンを意識しよう【共通です】

こんな人にオススメ

・仕事をしていて、相手と認識がズレている事がある

・これから個人で仕事したい

・仕事を早くしたい

最近、ココナラで依頼を受けてBGMを作ったんですよ。

ウクレレがベースな明るい曲。「このBGMでお願いします。」と言われた時の成し遂げた感、異常でした。

この時、「俺は今、相手のストライクゾーンにボールを投げたんだな」と思いました。

相手の心を射抜いてやりましたよ。

ここれから先、これを意識することはずっと続いていくと思うのでその時考えた事、メリットをまとめておきます。

自分・相手・お客様、3つの視点から落とし所を見つける

スクリーンショット 2016-02-07 11.25.51

自分が相手から依頼を受けて対応する際、こんな関係図を意識しています。

自分と相手、さらにお客様が居る中で物を作ります。独りよがりでもダメですし相手に媚びすぎても期待値以上の物は生まれにくいです。

なのでストライクゾーンからズレない程度に外したりします。

例えば明るい曲で参考曲がピアノだった場合、ウクレレでジャカジャカしてみるとか。

この時、最終形(今回であれば動画広告に当てた状態)を意識し、自分の中で腑に落ちる状態を模索します。そして相手に聞かせて確認を取りつつ認識(ストライクゾーン)を合わせていきます。

難しい作業でしたが相手から「これでお願いします。」と返信があった時、なんだか報われた気がしました。

OK出るのが早くなる=仕事が早くなる

仕事は速くて正確に越したことはないです。

相手の事を常に意識しているとそんなに方向性がズレることって無いと思うんですよ。

向かっていく方向性が同じだと無駄な連絡・対応が要らないのでその分仕事が早くなります。

仕事が遅いと悩んでいる方は意識してみると良いですよ。

感謝される

方向性がドンピシャ、そして期待値を上回っているとすごく感謝されます。

リピーターになる可能性もありますし、成果物を見たほかの人から仕事の依頼があるかもしれません。

僕も次の依頼を心待ちにしている所です。

おわりに

捨てる神あれば拾う神あり。

今までダメでも良いことあるもんですね。

ここまで読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク
ブックマーク
  • http://r-hitoma-blog.com/bgm-info
ブックマーク
  • http://r-hitoma-blog.com/bgm-info

毎度シェア感謝です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローありがとうございます!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパム対策!お手数ですがよろしくです。 * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.